こころを感じる看護師に

田北看護専門学校

教育理念

ナイチンゲール像

仁愛の精神を基盤に学生の能力を尊重し、国際的視野を持った豊かな人間性を養い、時代の変化に対応でき、看護の発展に貢献できる有能な人材を育成する。

教育目的

豊かな人間性を養い、看護に必要な基礎的知識・技術・態度を修得し、専門職業人として広く社会に貢献できる看護師を育成する。

教育目標

  1. 生命の尊厳を守り、人格を尊重できる態度を養う。
  2. 看護の対象である人間を、統合された存在として理解できる能力を養う。
  3. あらゆる健康状態や、生活の場に応じた看護を、科学的根拠に基づき、実践できる基礎的能力を身につける。
  4. 保健・医療・福祉チームの一員として、看護の役割と責任を自覚し、品位と規範のある行動がとれる。
  5. 社会の動向に関心を持ち、専門職業人として継続的に学習しうる能力を養う。

カリキュラム

基礎分野

この分野は人間理解のための位置づけ。看護を学ぶために必要な基礎となる授業科目であるとともに、看護者の人間形成につながる教養を高めるものです。

基礎専門分野

学生が人体を系統だてて理解し、観察力や判断力を身につけられるよう「人体の構造と機能」と「疾病の成り立ちと回復の促進」について、また「健康支援と社会保障制度」について学びます。

専門分野 I

看護に共通する概念や理論、看護技術を学び、看護の根幹をなす基礎的な学問です。

専門分野 II

対象の発達段階や特性をとらえた看護学として「成人看護学」「老年看護学」「母性看護学」「小児看護学」とすべての人の心の健康問題と「精神看護学」を学びます。

統合分野

基礎分野から専門分野Ⅱで学習した知識と技術を統合させた看護実践を学びます。在宅看護論では、自宅で療養されている看護を学び、実践看護では医療安全や災害看護、国際看護など専門職業人としての学びを深めます。

教育課程表

教育内容 授業科目 単位
基礎分野 科学的思考の基盤 生物学 1
情報科学 1
倫理学 1
教育学 1
論理学 1
人間と生活社会の理解 行動科学 1
生活科学 1
人間と社会 1
健康と運動学 2
英語 I 2
英語 II 2
英語 III 2
小計 16
専門基礎分野 人体の構造と機能 人体の構造と機能 I 1
人体の構造と機能 II 1
人体の構造と機能 III 1
生化学 1
栄養学 1
疾病の成り立ちと回復の促進 薬理学 1
微生物学 1
放射線医学 1
病態学総論 1
病態学各論 I 1
病態学各論 II 1
病態学各論 III 1
病態学各論 IV 1
病態学各論 V 1
病態学各論 VI 1
健康支援と社会保障制度 社会福祉論 2
公衆衛生学 2
看護と法学 2
小計 21
 
教育内容 授業科目 単位
専門分野 I 基礎看護学 基礎看護学概論 2
基礎看護学 I 1
基礎看護学 II 1
基礎看護学 III 1
基礎看護学 IV 1
基礎看護学 V 1
基礎看護学 VI 1
基礎看護学 VII 1
基礎看護学 VIII 1
看護研究 1
小計 11
専門分野 II 成人看護学 成人看護学概論 1
成人看護学方法論 I 1
成人看護学方法論 II 1
成人看護学方法論 III 1
成人看護学方法論 IV 1
成人看護学方法論 V 1
老年看護学 老年看護学概論 1
老年看護学方法論 I 1
老年看護学方法論 II 1
老年看護学方法論 III 1
小児看護学 小児看護学概論 1
小児看護学方法論 I 1
小児看護学方法論 II 1
小児看護学方法論 III 1
母性看護学 母性看護学概論 1
母性看護学方法論 I 1
母性看護学方法論 II 1
母性看護学方法論 III 1
精神看護学 精神看護学概論 1
精神看護学方法論 I 1
精神看護学方法論 II 1
精神看護学方法論 III 1
小計 22
統合分野 在宅看護論 在宅看護概論 1
在宅看護方法論 I 1
在宅看護方法論 II 1
在宅看護方法論 III 1
看護の統合と実践 実践看護学特論 1
実践看護学方法論 I 1
実践看護学方法論 II 1
実践看護学方法論 III 1
実践看護学方法論 IV 1
小計 9
専門 I 臨地実習 基礎看護学実習 I 1
基礎看護学実習 II 2
専門分野 II 成人看護学実習 I 2
成人看護学実習 II 2
成人看護学実習 III 2
老年看護学実習 I 2
老年看護学実習 II 2
小児看護学実習 2
母性看護学実習 2
精神看護学実習 2
統合分野 在宅看護論実習 2
看護統合実習 2
  小計 23
  総計 102

教育内容

授業科目 授業科目のねらい 教授内容
基礎分野 生物学
 1単位(30)
・細胞レベルから遺伝のしくみについて基礎的な知識を学習し、生物としての人間を理解する。

・人間の特徴・生命の発生のしくみ・進化の過程を理解し、 生命の神秘にふれ、人間尊重の倫理的判断能力を養う。
・細胞
・遺伝
・DNAの複写と転写
・発生のしくみと生殖
・免疫
情報科学
 1単位(30)
・コンピュータの基本的な操作を習得する。

・情報社会において看護情報の収集と整理、活用方法、調査研究に必要な基礎的知識を理解する。

・医療・看護におけるコンピュータの利用について学ぶ。
・コンピューターのしくみ
・ワードとエクセル
・統計
・情報倫理
倫理学
 1単位(30)
・医療の現場で必要となる倫理原則や価値観について学び、専門職業人としての判断能力を養う。

・生命の尊厳をめぐる諸問題について考える。
・倫理学の意義
・生命倫理
・インフォームドコンセント
・社会における倫理的課題
教育学
 1単位(30)
・教育の本質と重要性、生涯学習の必要性を理解する。

・人間と人間の関わりの中で行われる教育と看護の共通性を 理解し、看護に応用できる指導、教育の基礎を学ぶ。
・教育学の意義
・人間の成長と教育
・社会と教育・教育理論
・生涯学習
論理学
 1単位(30)
・論理的な文章の形式と方法を学び、自己の考えを表現するための論理的思考と文章表現の方法を理解し実践する。 ・論理的思考
・論理的表現
行動科学
 1単位(30)
・心理学的視点から、人間の心の働きを知り、自己理解・人間理解の基礎知識を学ぶ。

・人間の心の変化や行動、環境との関係を学ぶ。
・人間の発達と心理、行動
・臨床心理学・精神分析学
生活科学
 1単位(15)
・人間にとって生活の意義を考え、また、価値観の多様性や人間らしさ、その人らしさについて学ぶ。

・健康・安全・快適なくらしの実現を追求するため、生活を科学的に考察し、社会生活に必要とされる知識を学ぶ。
・生活の意義
・地球環境とユニバーサルデザイン
・食生活と安全
・快適な社会生活のための知識
人間と社会
 1単位(30)
・社会関係・社会構造・社会集団について理解する。

・社会的存在で、地域社会の一員でもある人間を理解する。
・人間と社会の理解
・家族、地域社会
・社会問題と政策
健康と運動学
 2単位(45)
・身体活動を通し、自らの健康意識を高め、体力を養う。

・スポーツ活動に必要な知識・技術を修得し、健康維持増進を図るために、計画・実施ができる能力を養う。

・運動実技を通して、心身をリフレッシュし協調性を養う。
・運動の意義
・有酸素運動の活用
・レクリェーション活動
・レジスタンストレーニング
・軽スポーツ
英語Ⅰ
 2単位(30)
・看護業務を主とした英会話及び医学・看護用語を理解する。

・看護英語文献や医学用語の読解能力の育成を目指す。
・医学英語
英語Ⅰ
 2単位(30)
・看護業務を主とした英会話及び医学・看護用語を理解する。

・看護英語文献や医学用語の読解能力の育成を目指す。
・医学英語
英語Ⅱ
 2単位(30)
・医学・看護・看護研究に必要な文献・資料の読解力を養う。 ・医学英語
英語Ⅲ
 2単位(30)
・医療・看護・看護研究に必要な文献・資料の読解力を養う。

・国際化社会に適応するコミュニケーション手段としての語学力を高める。
・英語の文献抄読
・コミュニケーション
・異文化理解
専門基礎分野 人体の構造と機能Ⅰ
 1単位(30)
・人体の構造と機能を解剖学的、生理学的に理解し、看護に必要な知識を学ぶ。 ・細胞、遺伝子、ホメオスタシス
・消化、呼吸の構造と機能
・循環、結合組織の構造と機能
人体の構造と機能Ⅱ
 1単位(30)
・人体の構造と機能を解剖学的、生理学的に理解し、看護に必要な知識を学ぶ。 ・腎臓、泌尿器の構造と機能
・神経系の構造と機能
・内分泌、生殖系の構造と機能
人体の構造と機能Ⅲ
 1単位(30)
・病理学各論として主要な疾患の発生機序を理解する。

・疾患の病理学的診断基準を知る。
・臓器別疾患の発生機序
・病理学的診断
生化学
 1単位(30)
・物質の生体内の作用、ヒトの代謝と防御機構について理解する。

・栄養素の消化、吸収、代謝について理解し、人間にとっての栄養素学的意義について理解する。
・消化と吸収
・栄養素の代謝とエネルギー
・生体防御機構
栄養学
 1単位(30)
・人間にとっての栄養の意義と各栄養素の働ついて理解し、バランスの良い食事療法について学ぶ。

・病人食の種類と形態、食品選択について学び、疾患別の食事療法の違い、調理の工夫について学ぶ。
・栄養の意義・栄養素とその働き
・ライフステージと健康教育
・治療食とNST
薬理学
 1単位(30)
・薬理作用に基づき、主な薬物の特徴、作用機序、人体への影響の基礎知識について学ぶ。

・薬物の効果と作用、性質と管理法についての基礎を学ぶ。
・薬理作用の基礎
・疾患別薬理作用
・薬物の管理
微生物学
 1単位(30)
・感染症の原因となる病原微生物の基礎的知識を学ぶ。

・微生物の特徴と生体に及ぼす影響を理解し、疾病の予防について学ぶ。
・微生物の特徴
・感染症と免疫
・消毒と滅菌
放射線医学
 1単位(15)
・放射線による検査・治療法を正しく理解し、患者指導ができる基礎的知識を学ぶ。 ・放射線療法の意義と種類
・放射線療法の実際
病態学総論
 1単位(30)
・疾病の原因や成り立ちを理解し、病態発生機序を知る。

・系統別疾患を理解する上で必要な共通の病態を学ぶ。

・病理学における疾患の分類を理解する。
・病因論と病気の分類
・循環障害、炎症、免疫
・代謝、老化、先天異常
病態学各論Ⅰ
 1単位(30)
・呼吸器疾患の病態・診断・治療を理解する。

・血液疾患の病態・診断・治療を理解する。

・内分泌疾患の病態・診断・治療を理解する。
・呼吸器疾患の病態と治療
・血液疾患の病態と治療
・内分泌疾患の病態と治療
病態学各論Ⅱ
 1単位(30)
・循環器疾患の病態・診断・治療を理解する。

・腎・泌尿器疾患の病態・診断・治療を理解する。
・循環器疾患の病態と治療
・腎泌尿器疾患の病態と治療
病態学各論Ⅲ
 1単位(30)
・消化器疾患の病態・診断・治療を理解する。

・外科的治療に伴う麻酔法を理解する。
・消化器疾患の病態と治療
・手術と麻酔
病態学各論Ⅳ
 1単位(30)
・運動器疾患の病態・診断・治療を理解する。

・脳神経疾患の病態・診断・治療を理解する。
・運動器疾患の病態と治療
・脳神経疾患の病態と治療
病態学各論Ⅴ
 1単位(30)
・耳鼻咽喉疾患の病態・診断・治療を理解する。

・皮膚・アレルギー疾患の病態・診断・治療を理解する。
・耳鼻咽喉疾患の病態と治療・皮膚疾患
・アレルギーの病態と治療
病態学各論Ⅵ
 1単位(30)
・眼科疾患の病態・診断・治療を理解する。

・歯、口腔外科疾患の病態・診断・治療を理解する。
・眼科疾患の病態と治療
・歯、口腔外科疾患の病態と治療
社会福祉論
 2単位(30)
・医学の理念と歴史を学び、現在の医療システムを理解する。

・21世紀における望ましい医療と看護のあり方を考える。

・社会福祉の理念と歴史を学び、現行制度とサービスを知る。
・医療の歩みと展望
・現代医療の問題
・社会福祉と法律
・社会福祉の現状と課題
公衆衛生学
 2単位(30)
・公衆衛生に関する統計情報、組織的な保健活動を理解する。

・人間が健康な生活を維持するための諸条件と公衆の動向について学ぶ。

・地域看護活動の流れと地域住民への保健医療福祉活動の実際を理解する。
・公衆衛生の理念と疫学
・公衆衛生の動向
・地域の健康課題と保健行動
・地域看護活動の対象と場
・保健医療福祉の連携
看護と法学
 2単位(30)
・社会における法の意義と法体系について理解し、看護領域に関係の深い医療、衛生法規について学ぶ。

・看護職に必要な法令について理解し、法的責任を自覚するとともに、対象に必要な法の活用方法を学ぶ。
・法律の意義
・医療従事者に関する法律
・母子に関する法律
・高齢者、障害者に関する法律
・労働に関する法律
専門分野I 基礎看護学概論
 2単位(45)
・人間を統合的にとらえ、看護の対象を理解する。

・看護活動の本質を学び、役割と機能を理解する。

・健康の保持・増進のための看護実践の基礎を理解する。

・看護の変遷や理論を知り、看護の発展と展望を理解する。

・生命倫理・職業倫理を学び、専門職の責務を理解する。

・保健福祉医療活動における看護の役割法的責任を理解する。

・保健福祉医療活動における看護の役割法的責任を理解する。
・看護の本質、看護の役割と機能
・看護歴史
・看護倫理
・健康に影響を及ぼす因子
・看護理論
・看護制度と法律
・医療安全
基礎看護学Ⅰ
 1単位(30)
・看護におけるコミュニケーションの意義を理解し、効果なコミュニケーションのための基礎的な知識と技術を学ぶ。

・バイタルサインを観察することの意義を理解し、基礎的な知識と技術を学ぶ。

・看護における学習支援の意義を理解し、基礎的な知識と技術を学ぶ。
・コミュニケーション
・観察と記録
・バイタルサイン
・看護における学習支援
基礎看護学Ⅱ
 1単位(30)
・感染防止の意義を理解し、その基礎的な知識と技術を学ぶ。

・看護過程の意義を理解し、その基礎的な知識と技術を学ぶ。

・記録・報告の意義を理解し、その基礎的な知識を学ぶ。
・感染防止の知識と実際
・看護過程の展開の意義、構成要素
・記録と報告
基礎看護学Ⅲ
 1単位(30)
・環境が人の健康生活に影響を及ぼすことを理解し、療養環境調整の必要性と調整方法を学ぶ。

・病床でのベッドメーキング、リネン交換の技術を習得する。

・活動と休息の意義を理解し、援助の必要性と方法を学ぶ。

・体位交換、移動動作の技術を習得する。

・罨法など様々な方法による安楽への援助を学ぶ。
・環境の意義
・環境調整技術
・活動と休息の意義
・移動と体位変換の援助技術
・安楽、罨法の援助技術
基礎看護学Ⅳ
 1単位(30)
・衣生活の意義と目標を理解し、臥床患者の寝衣交換の技術を習得する。

・清潔の意義および身体への影響を理解し、援助方法を学ぶ。

・臥床患者の全身清拭、足浴、ケリーパッドを用いた洗髪技術を習得する。

・食べることの意義を理解し、援助の方法を学ぶ。

・排泄の意義を理解し、援助の方法について学ぶ。

・床上排泄の援助技術、グリセリン浣腸技術を習得する。
・衣生活の意義
・衣生活調整技術
・清潔の意義
・清潔援助技術
・食事の意義
・食事援助技術
・排泄の意義
・排泄援助技術
基礎看護学Ⅴ
 1単位(30)
・診療の過程及び対象を理解し、看護師の役割を学ぶ。

・身体計測の意義を理解し、正しい計測技術を習得する。

・侵襲的処置として穿刺・洗浄における看護を学ぶ。

・呼吸循環を整える技術として、吸入吸引の方法を学ぶ。

・検査における看護師の役割を理解し、正しい検査データーを得るための検体の採取方法を学ぶ。

・検体採取の方法として静脈血採血および導尿による無菌尿採取の技術を習得する。
・診療の補助
・穿刺と洗浄
・吸入、吸引
・検査
・導尿
・採血
基礎看護学Ⅵ
 1単位(30)
・与薬の意義および種類と方法を理解し、与薬における看護師の役割を学ぶ。

・正しく安全な与薬の基本技術を習得する。
・与薬の意義と種類
・注射法
・輸血
基礎看護学Ⅶ
 1単位(30)
・フィジカルアセスメントの意義を理解し、基本的な知識と技術を学ぶ。 ・フィジカルアセスメントの意義
・フィジカルアセスメントの演習
基礎看護学Ⅷ
 1単位(15)
・救命救急を要する病態と看護を理解する。

・BLSの実際を学ぶ。

・医療器材の原理と実際を学ぶ。
・救急看護
・BLS演習
・ME機器とその取扱い
看護研究
 1単位(30)
・看護研究の意義と過程を理解し、取り組むことができる。

・ケースレポートの意義と過程を理解し、論文としてまとめ発表できる。
・看護研究の意義と実際
・ケースレポート
専門分野II 成人看護学概論
 1単位(30)
・成人期にある対象の特徴や取り巻く社会・生活・医療環境を理解し、看護の役割について学ぶ。 ・社会と対象の理解
・成人期の特徴
・健康増進活動
・成人教育理論
成人看護学
方法論Ⅰ
 1単位(30)
・成人の理論を活用し、健康障害を起こした成人期の対象の特徴を理解し、看護方法について学ぶ。

・その人らしい日常生活再構築に向けた看護、人生の最期のときを支える看護方法について学ぶ。
・生活行動が障害された対象の看護
・身体の一部を喪失した対象の看護
・治療困難な対象・ターミナル期の看護
成人看護学
方法論Ⅱ
 1単位(30)
・健康障害をきたした成人期の対象の健康レベルに応じた援助方法について学ぶ。

・回復期・慢性期における看護の方法について学ぶ。
・意志の疎通が障害された対象の看護
・感染により障害を受けた対象の看護
・慢性的な疾患をコントロールしながら生活する対象の看護
成人看護学
方法論Ⅲ
 1単位(15)
・リハビリテーションの概念と技術を学ぶ。 ・リハビリテーションの概念
・理学療法
・言語療法と作業療法
成人看護学
方法論Ⅳ
 1単位(30)
・健康状態が急激に変化し、生命の危機状態にある対象の特徴を理解し、回復を促す看護方法について学ぶ。 ・手術を受ける対象の看護
・生命の危機状況にある対象の看護
成人看護学
方法論Ⅴ
 1単位(30)
・事例をもとに問題解決過程やクリティカルシンキング倫理的判断を看護過程の展開から学ぶ。 ・看護過程の展開
老年看護学概論
 1単位(30)
・高齢者の加齢に伴う身体の変化を理解し、豊かな高齢者観を培う。

・老年期にある対象の身体的・精神的・社会的変化を知り、老年看護の役割がわかる。

・高齢者をとりまく社会構造の変化や保健・医療・福祉の動向がわかり社会的問題を理解する。

・高齢社会の人権と倫理問題について理解を深める。
・高齢者看護の歴史と現状
・高齢者の特徴と健康障害
・高齢者と社会保障
・保健医療福祉の連携
・高齢者における権利擁護
・高齢者の看取り
・高齢者疑似体験
老年看護学
方法論Ⅰ
 1単位(30)
・高齢者看護の基本的対応を理解し、検査・治療を受ける高齢者への看護がわかる。

・高齢者によくみられる疾患や症状について理解を深め、適切な看護方法がわかる。
・高齢者の主な疾患と特徴
・主要疾患の看護
・高齢者と手術
老年看護学
方法論Ⅱ
 1単位(30)
・高齢者の日常生活を支える基本的援助がわかる。

・高齢者の健康段階に応じた看護の特徴と方法がわかる。
・日常生活援助
・高齢者のヘルスプロモーション
・多職種共同
老年看護学
方法論Ⅲ
 1単位(15)
・既習の知識を活用し、高齢者の特徴をふまえた個別的な看護方法の導き出し方がわかる。

・健康障害を持った高齢者の事例を通し、対象とその家族に応じた看護方法を導き出すための看護過程の展開ができる
・看護過程の展開
小児看護学概論
 1単位(30)
・子どもを取り巻く環境と小児看護の対象・目的・看護の役割について学ぶ。

・子どもの成長・発達過程を理解し、成長・発達を促すための援助方法について学ぶ。
・小児の成長と発達
・小児をめぐる社会の変化と保健の動向
・遊びと教育
・子どもの権利
小児看護学
方法論Ⅰ
 1単位(30)
・小児期にみられる主な健康障害について学ぶ。 ・小児の疾患と治療
・小児の健康障害
・新生児の疾患と治療
小児看護学
方法論Ⅱ
 1単位(30)
・小児の成長・発達の過程で生じる健康障害と健康回復のための援助を学ぶ。

・発達段階に適応した療養生活・家族への援助・小児看護に必要な知識と技術を学ぶ。
・発達段階に応じた看護
・健康段階に応じた看護
・検査、治療を受ける子どもの看護
・子どもの救急蘇生
小児看護学
方法論Ⅲ
 1単位(15)
・健康障害のある小児の事例を通し、小児の特徴をふまえた看護の方法と導き出すための看護過程の展開ができる。 ・看護過程の展開
母性看護学概論
 1単位(30)
・母性看護の基盤となる概念を理解する。

・母性看護の統計指標から変遷を知り、組織や法律を母子保健施策の観点より母性看護の現状を理解する。

・女性のライフサイクルにおける身体的特徴と心理社会的特徴を理解し、看護について理解できる。

・倫理的問題及び意思決定支援を理解する。
・セクシャリティー
・リプロダクティブ
・ヘルス/ライツ
・母性看護の現状と動向
・母性看護における倫理
・思春期、成熟期、更年期の特徴と看護
母性看護学
方法論Ⅰ
 1単位(30)
・女性生殖器の解剖と生理・主な疾患を学び、診断・検査・治療について理解する。

・妊娠・分娩・産褥の正常と異常を学び、治療を理解する。
・生殖器の構造と機能
・疾患・周産期の異常な経過
・新生児の異常
母性看護学
方法論Ⅱ
 1単位(30)
・妊産褥婦の身体・心理・社会的変化及び妊産褥婦とその家族への支援が理解できる。

・新生児の生理及び看護について理解できる。
・周産期の身体的特徴と心理
・社会的特徴
・新生児の特徴と看護
・帝王切開術の看護
母性看護学
方法論Ⅲ
 1単位(15)
・母性看護における対象把握と看護上の問題の明確化ができる。 ・周産期の看護過程の展開
精神看護学概論
 1単位(30)
・精神障害者とはなにか、精神障碍者とはどのような人々か、その基本を理解する。

・対象を理解し、プロセスレコードを使って患者-看護師関係をアセスメントする意味と方法を学ぶ。

・現代社会における精神保健・看護ニーズの背景を知る。また、精神障碍者の治療の歴史や法制度を学ぶ。
・危機介入とストレス理論
・精神の健康と障害
・精神保健の動向
・精神看護学における倫理
・精神看護の歴史
・プロセスレコード
精神看護学
方法論Ⅰ
 1単位(30)
・主な精神疾患と精神科的治療に対する理解を深める。

・SSTの理論と実際について学習する。
・精神疾患の病態と治療
・薬物療法
・SSTの実際
精神看護学
方法論Ⅱ
 1単位(30)
・精神障害における主な疾患・症状・問題の特徴及び治療法について学習し、対象の障害レベルに応じた援助の方法を学ぶ。

・精神障害者の疾患や検査・看護について学習する。

・看護師のメンタルヘルスについて理解する。
・精神看護の場
・ケアの原則、ケアの前提
・カウンセリング技法
・感情労働
精神看護学
方法論Ⅲ
 1単位(15)
・統合失調症の急性期の事例について情報収集とアセスメントの方法を学ぶ。

・看護計画の立案を通して対象の個別性を理解し、精神看護における看護過程の展開能力を養う。
・看護過程の展開
統合分野 在宅看護概論
 1単位(30)
・地域看護の中の在宅看護に関する概念を学ぶ。

・在宅看護の対象の特徴を理解する。

・在宅看護を望む人々に必要な看護の目的を理解する。

・保健・医療・福祉の統合における地域ケアシステムの中での在宅看護の機能と役割を学ぶ。
・在宅看護と地域看護の変遷
・家族看護と家族アセスメント
・法律と制度
・保健医療福祉の連携
・訪問看護の特徴
在宅看護
方法論Ⅰ
 1単位(30)
・在宅看護の看護過程の展開における知識を学ぶことでその特徴を理解する。

・在宅看護概論で学んだ知識を活用し在宅特有の日常生活援助について具体的知識・技術を学ぶ。
・生活援助の実際
・福祉用具
・住宅環境
・食事の援助
・難病患者の就労支援
在宅看護
方法論Ⅱ
 1単位(30)
・ターミナルケアについて領域別特徴を理解し、必要な支援を展開していくための在宅看護の機能と役割を学ぶ。 ・在宅看護技術
・在宅リハビリ
・在宅ターミナルケア
在宅看護
方法論Ⅲ
 1単位(15)
・在宅看護の特殊性をふまえた看護過程の展開を事例を使って学ぶ。

・1週間のケアプラン作成を体験することで介護保健制度のしくみや在宅看護の役割を理解する。
・看護過程の展開
・ケアプラン
実践看護学特論
 1単位(15)
・看護ケアのマネジメントが理解できる。

・看護サービスのマネジメントが理解できる。

・災害看護・国際看護における対象を理解できる。

・看護師の生活を理解し、未来の生活が考えられる。

・看護実践能力の理解を深め、自ら創造できる。
・看護実践能力
・災害看護の基礎
・国際看護の基礎
・看護サービスマネジメント
実践看護学
方法論Ⅰ
 1単位(30)
・看護行為の構造が理解できる。

・看護行為が実施できる。

・看護医療事故における問題解決が理解できる。
・看護行為
・医療安全の基礎知識
・リフレクション
実践看護学
方法論Ⅱ
 1単位(30)
・看護行為が実施できる。

・臨床判断の考察ができる。

・医療・看護行為の安全が構造的に検証できる。

・看護ケアのマネジメントが考察できる。
・看護行為
・危険予知トレーニング
実践看護学
方法論Ⅲ
 1単位(30)
・よりよい看護サービスを提供のためのマネジメントについて理解する。

・災害時に、人々の健康と生活を守るための支援ができる知識・技術を学ぶ。

・国際社会における広い視野に基づいた看護活動について学ぶ。
・看護管理
・災害看護
・国際看護
・異文化理解
実践看護学
方法論Ⅳ
 1単位(15)
・看護におけるマネジメントの検証ができる。

・自らの看護実践における看護が創造できる。

・看護師アイデンティティの基盤が形成される。
・看護実践能力
・看護観
2020年度 田北看護専門学校の学校評価

学校評価

「学校評価」への取り組み

 田北看護専門学校は、より質の高い看護教育を目指して平成17年度から学校活動全般について改善を行うための「学校評価」を取り入れています。学校評価は「学校運営評価」と「授業評価」と「学生満足度調査」の3種類に、2019年からは「学校関係者評価」を加え、外部の意見を取り入れるよう 毎年実施しています。

令和2年度~ 2022年4月開始の新カリキュラムにむけた会議が進んでいます。
学校関係者評価委員会を実施しました。
平成31年度~ カリキュラム改正に向けた会議を継続しています。今年度から外部の意見を取り入れるために学校関係者評価を取り入れました。
平成30年度~ カリキュラム改正に向けて「看護実践能力」育成のための教育課程をマップ化して整理しています。キャリア教育・自己決定型学習を3年間の研修で組み入れました。
平成28年度~ 臨地実習評価に「パフォーマンス評価・ルーブリック評価」を導入しました。
田北会のTQM活動に参加し、地域交流も行いました。
平成27年度~ 「看護実践能力の育成」の学習会を立ち上げました。
講師を招き、「臨床との学習会」を始めました。
平成25年度~ 「看護教員の質向上について」の学習会を開始しました。
平成23年度~ 学生に対する学校満足度調査を開始し、結果の公開を始めました。
平成19年度~ 授業評価を開始しました。
平成17年度~ 学校運営評価を開始しました。
平成16年 厚生労働省から「看護教育自己評価指針」が示されました。
学校評価に関する学習会を教員全員参加で立ち上げました。
平成14年 専修学校において自己点検・自己評価を行うことが努力義務化されました。
「看護実践能力」の獲得をレベルⅠ・Ⅱ・Ⅲとして学生に示し周知しました。

1.「学校運営評価」の概要

 本校の教育目的である「社会に貢献できる看護師の育成」のためには、学校がより機能的に運営され、教育の質が維持・向上しなければなりません。その過程で本校独自の「学校運営評価」の指針を作成しました。
包括的な視点で「教育理念・教育目的」「教育目標」「教育課程経営」「教授・学習・評価過程」や「経営・管理過程」「入学」「卒業・就業・進学」「地域社会・国際交流」等の大項目を設定し、全34項目を評価しています。
評価は年1回、全教員により行います。

<評価後の対応と課題>
  1. 「教育目標」が3.5、「教育課程経営」の点数が3.2と低下している。
  2. 「教育課程経営」の“定期的に教育の評価を行い、改善しているか”“教育目標の到達度評価が活用されているか”“教員は自己研鑽に努めそのシステムが整っているか”の項目が3.1であり、「学生の看護実践体験の保障」も低い傾向がある。
  3. 「教授・学習・評価過程」は横ばいの3.4
  4. 「経営・管理過程」で3.5以上の項目は「学籍管理」「施設設備管理」「学生支援」「健康管理」である。“教職員が学校経営に参加しているか”“将来構想が明確であるか”は2.7と低い
  5. 「入学」の3.4は上昇した。
  6. 「地域社会・国際交流」が3年間2.4

対策:
  1. 特に“教育課程評価”や“到達度評価がされているか”が低下している。2018年から新カリキュラムに向けての検討を開始しており、現行カリキュラムの評価から始めていた。教員全体で検討に入る前に新型コロナ感染症拡大によるオンラインへの移行など対応に追われ、新カリキュラムの検討が進まない状況となったことも一因と考えている。新人教員を含めた学習会の機会が取れなかったことも低下の一因である。
  2. 「学生の看護実践体験の保障」の点数が低いことは、学生の満足度調査でも表れている。今年度はコロナの影響もあったが、臨床と連携をとり、実習の質向上に努めていきたい。
  3. 「学校経営」で“教職員が経営に参加しているか”は低いが、教員へは情報発信しているため、経営参加の意識を高めていきたい。
  4. 「卒業・就業・進学」の2項目は力を入れているが、国家試験合格率上昇に努めたい。
  5. 「地域社会・国際交流」の点数が低いのは、学生満足度評価でも同様である。時間的制約はあるが、新カリキュラムでも求められる課題である。
    感染予防対策を工夫して取り組みたい。

2.学校関係者評価の概要

<目的>
「専修学校における評価ガイドライン」にそって外部評価を行い、学校運営及び教育活動の改善・向上を行う。

<委員会開催>
今年度は新型コロナ感染症が蔓延しているため、安全に配慮し、資料を郵送して意見を頂く形式 にした。
 委員の方 からのご意見では、

<課題と対応>

<委員>
 ・後援会会長
   医療法人興生会 吉本整形外科・外科病院
    理事長 吉本雅俊  様
 ・実習病院看護管理者
   独立行政法人 地域医療機能推進機構
   看護部長 久門容子  様
 ・実習施設管理者
   社会福祉法人共同福祉会 養護老人ホーム かんざん園
   園長 茶谷公嘉  様
 ・非常勤講師     浅岡雅子  様

 ・田北病院事務局長  岩田哲男  様

 ・卒業生       花川正雄  様

3.「授業評価」の概要

 看護教育の充実には、教育内容の精選と教育方法の改善が不可欠です。そのため、「授業評価」として、「コミュニケーション能力」「動機づけ能力」「レディネスのアセスメント能力」「柔軟な対応能力」「学生のやる気」「教材」「環境」「デザイン」に関する20項目を評価しています。

  1. 外部講師の講義では、各項目のバランスはとれている。しかし、学生から不満がでることもあり、講師に確認した例もあった。教育目標が達成されるように講師選定を含めて検討したい。
  2. 内部教員の評価は、各項目のバランスはとれている。意見を真摯に受け止め改善できるようにしたい。学生のレディネスにあわせて授業方法を工夫し、それが国家試験合格につながるように運営したい。
  3. オンライン授業になったことで知識の習得に差が出たものがあった。可能な限り対面授業を原則としてすすめていきたい。
<対策>

4. 満足度調査の概要

 教育課程の改善や学生生活を充実・向上させることを目的とし、年1回年度末に全学生を対象として調査を実施しています。

令和2年度 学校満足度調査結果

  1. 「教育理念・教育目的」「教育目標」約3.1
  2. 「教育課程経営」の“学校行事に満足している”は3.1
    「学生の看護実践体験の保障」で“実習場所の指導者と教員の連携が取れている”“看護師の実習指導に満足している”が3.2
  3. 「教授・学習・評価過程」は概ね点数は高いが、“教え方に工夫している外部講師が多い”
    “教職員はどの学生に対しても公平である”がやや低く3.3
  4. 「経営・管理過程」がほとんどの項目で3.5以上
  5. 「卒業・就業・進学」は全項目で3.4以上
  6. 「地域社会・国際交流」のポイントは3.0と最も低い
  7. 「その他」の“この学校で学べてよかったと思う”の項目は3.6と高い
<対策>
  1. 「教育目標」は、理念と主に教室に掲示しているので目にする機会も多いが、意識下にないため機会をとらえて伝えたい。
    「教育課程評価の体系」の点数が高いのは、看護実践能力の科目や実習で明確にする機会が多いと考えられ、また、学校の理念である“仁愛の精神”は各領域の授業や 学校風土 として表現されていると考える。
  2. 「看護実践体験の保障」がやや低めの点数になったのは、新型コロナ感染症での混乱もあったようだ。実習指導体制は施設と病棟による差もあり、指導方法に疑問を抱く学生もあったため、点数が低めだと考える。大変な中で も工夫して受けて頂いたことに感謝すると共に、双方で課題を共有しながら学生指導にあたっていきたい。
  3. 外部講師の評価がやや低めではあるが、外部の授業評価では高い点数となっている。講師間の差が大きい。“教員はどの学生に対しても公平である”の 3.3 は「教職員の倫理規定」を再認識して改善していきたい。
  4. 「経営・管理過程」や「卒業・就業・進学」が3.5 以上なのは、情報を教員と学生でうまく共有できていることの結果と思う。このことは学生との信頼関係構築と学校運営に大きく影響するため、教員一丸となりすすめていきたい。
  5. 「地域社会・国際交流」は毎年点数が低い。加えて今年度は全ての式典と行事が縮小されて学年間の交流もできなかった。しかし、オンラインでの交流もできたことから、方法を工夫し検討していきたい。
  6. この学校で学べてよかったと感じる点数が高い。この評価は職員の励みとなっており、さらに努力していきたい。

4. そう思う 3. やや思う 2. あまり思わない 1. 全く思わない

調査項目 内容 評価
教育理念・教育目的 学校の理念を知っている 3.2
教育目標 教育目標を知っている 3.1
教育課程経営 教育課程編成科目・単元構成 段階的に学びやすいカリキュラムになっている 3.3
学校行事に満足している 3.1
教育課程評価の体系 時代に合った教育内容である 3.5
学年目標を意識して教育を受けている 3.4
各授業の単位認定の判定は納得できる 3.4
教員の教育・研究活動 専門性のある授業内容である 3.5
教員はよく勉強し学生に伝えている 3.6
わかりやすく教えるために日々努力している教員が多い 3.6
学生の看護実践体験の保障 臨地実習施設は、実習目標・学習内容に見合った施設である 3.4
実習施設は学習しやすい環境に整っている 3.4
実習施設には更衣室やカンファレンス室等の設備や備品が整っている 3.3
実習施設は指導体制を整えている 3.3
教員と実習場所の看護師(指導者)の連携が取れている 3.2
教員の実習指導に満足している  3.5
看護師(指導者)の実習指導に満足している 3.2
教授・学習・評価過程 授業の展開過程 教え方に工夫をしている外部講師が多い 3.3
教え方に工夫をしている教員が多い 3.5
学生の意見を聞き、授業を改善している外部講師が多い 3.2
学生の意見を聞き、授業を改善している教員が多い 3.4
授業がわかりやすい 3.4
目標達成の評価とフィードバック 評価の仕方や基準について、事前に示されている 3.5
学習の評価については納得できる 3.5
学習への動機付けと支援 学生便覧や学習の手引きは学習の参考になる 3.4
学生への支援 教職員は学生を認めている 3.6
教職員はどの学生に対しても公平である 3.3
教職員は学生のプライバシーの保護に努めている 3.5
教職員は学生の人権侵害やそれに伴う学習阻害にかかわる問題が発生したときは、適切な対応をしている 3.5
経営・管理過程 施設・設備管理 教室・実習室・更衣室等は、授業や生活がしやすいように整備されている 3.4
図書室は活用しやすく整備されている 3.6
情報処理室は活用しやすく整備されている 3.5
教材管理 各教科の備品や教材教具が活用されている 3.5
実習室の物品等がそろっている 3.5
学生支援 学校は、奨学金制度についての情報を知らせている 3.5
緊急時の対応について知らされている 3.5
健康管理 健康管理に対する体制が整っている 3.5
情報公開 教育活動に必要な情報について学生や保護者への周知に努めている 3.5
卒業・就業・進学 学校は就職や進学についての情報を知らせている 3.4
将来の進路や生き方について考える機会を与えている 3.5
国家試験に関する情報を知らせている 3.6
国家試験対策が計画的に実施されている 3.4
地域社会・国際交流 保護者や地域の人々や他校と交流する機会を与えている 3.0
その他 この学校で学べて良かったと思う 3.6

Page Top