こころを感じる看護師に

田北看護専門学校

田北看護専門学校校訓

「和顔愛語」

学校長からのご挨拶

チーム医療の要として看護師には、地域包括ケアシステムの中で
これまで以上の高いレベルが求められています。
田北病院 名誉院長 田北武彦田北看護専門学校 学校長
医療法人田北会 理事長
田北病院 名誉院長
田北武彦 (たきた たけひこ)

医師の視点と看護師の視点は違います。対象疾患に直接働きかけるのが医療ですが、患者様の全体を見て治癒を手助けするのが看護師です。人間が持つ自然治癒力に働きかける看護は、これからの医療においてますます重要度が高まってきています。

チーム医療は、患者様を中心に医師、看護師をはじめとして臨床検査技師や薬剤師、リハビリスタッフ、管理栄養士、臨床心理士、介護職などさまざまな専門家が関わって成り立っています。このなかで、直接的かつ連続的に患者様をみるのは看護師のみであり、まさにチーム医療の要です。

医療は、人と人との出会いです。心と体が健康であることは、その人がその人らしく生きていくための大切な基盤です。その支援をする看護師は、やりがいのある仕事であり、人間理解を深める魅力に満ちています。それは同時に、皆様ご自身に豊かで、感動のある人生を約束してくれるでしょう。その豊かな人生のスタートが、ここ田北看護専門学校から始まれば幸甚です。

副学校長からのご挨拶

「仁愛の精神」を心柱 (しんばしら) として
田北病院 名誉院長 田北武彦

 看護師は、対象を身体的・精神的・社会的な統合体として理解し、「生活する存在」としてその人の人生を支える専門職です。そのためには、知識や技術を 修得する事はもちろんですが、高い倫理観や豊かな人間性も求められます。また、対象とその家族、医療分野の様々な職種と良い関係を構築し協働する能力も必要です。

 本校の教育理念である「仁愛」は“仁は人ありて我あり”という意味で、他者への思いやり、慈しむ心を示しています。本校では、学生ひとりひとりの個性を 尊重しつつ、教員も共に学び成長していく環境を大切にしています。その中で、「仁愛」の精神を基盤とした科学的根拠に基づいた看護が実践できる能力を 修得できることをめざします。

 看護師の活躍の場が大きく広がっている今、社会に貢献できる看護師の職業はやりがいがあり素晴らしいものです。

 夢に向かって努力する皆さんを心より応援しています。

三重の塔

国家試験について

12期生 国家試験合格率100%おめでとうございます。

2015年度の合格率は全国で90.0%でした。当校においても、通常の合格率は89〜97%です。試験問題との「相性」のような面もあり、紙一重の差で不合格の憂き目に合う学生はいます。その学生には必ず報告に来てもらい、その日から、もう一年がんばろうとお互いに誓い合い、対策をスタートさせます。そして翌年、見事に合格を勝ち取った学生の晴れやかな笑顔を見る度に、私は、その心の強さを尊敬します。

2015年、12期生は全員合格しました。1月、2月の自由登校において、「2階は話をしてもいい勉強部屋」「4階は話をしてはいけない勉強部屋」と設定したようです。仲間と相談する時間、一人で集中する時間、即ち2階と4階を自由に行き来していました。2階では、ときに学生の一人が講師役をかってでて、板書しながら仲間に講義していました。固定したグループはなく、勉強の内容に合わせて自然発生的にさまざまなグループが出来、切磋琢磨していました。12期生の皆さん、全員合格おめでとうございます。そして、「仲間の力」の素晴らしさ、心よりうれしく思います。

13期生 国家試験94.4%合格(全国平均89.4%)おめでとうございます。

残念ながら不合格だった方は、学校としても引き続き、模試に参加してもらうなど支援します。2~3点の差が大きく運命を変えます。次の合格を目指してファイト!!人生のピンチをチャンスに変えていきましょう。

副学校長 熊谷江利子

田北看護専門学校沿革

昭和39年4月1日 田北病院附属准看護学院開設
昭和49年4月1日 田北病院附属高等看護学院開設 (昼間定時制)
昭和51年4月1日 田北看護専門学校看護専門課程と改称
昭和58年4月1日 校舎本館新築
平成5年4月1日 別館校舎増改築
田北看護専門学校看護科と改称 (昼間定時制から全日制へ移行)
田北看護専門学校准看護科と改称
平成7年4月1日 看護専門課程の専門士の称号認可
平成13年3月31日 准看護科廃止
平成13年4月1日 看護科3年課程開設
平成15年3月31日 看護科2年課程閉科
平成15年4月1日 課程名を看護学科と変更
平成21年4月1日 カリキュラム変更
平成24年3月1日 医療専門課程の専門士の称号認可

Page Top