こころを感じる看護師に

田北看護専門学校

教育理念

ナイチンゲール像

仁愛の精神を基盤に学生の能力を尊重し、国際的視野を持った豊かな人間性を養い、時代の変化に対応でき、看護の発展に貢献できる有能な人材を育成する。

教育目的

豊かな人間性を養い、看護に必要な基礎的知識・技術・態度を修得し、専門職業人として広く社会に貢献できる看護師を育成する。

教育目標

  1. 生命の尊厳を守り、人格を尊重できる態度を養う。
  2. 看護の対象である人間を、統合された存在として理解できる能力を養う。
  3. あらゆる健康状態や、生活の場に応じた看護を、科学的根拠に基づき、実践できる基礎的能力を身につける。
  4. 保健・医療・福祉チームの一員として、看護の役割と責任を自覚し、品位と規範のある行動がとれる。
  5. 社会の動向に関心を持ち、専門職業人として継続的に学習しうる能力を養う。

カリキュラム内容

基礎分野

この分野は人間理解のための位置づけ。看護を学ぶために必要な基礎となる授業科目であるとともに、看護者の人間形成につながる教養を高めるものです。

基礎専門分野

学生が人体を系統だてて理解し、観察力や判断力を身につけられるよう「人体の構造と機能」と「疾病の成り立ちと回復の促進」について、また「健康支援と社会保障制度」について学びます。

専門分野 I

看護に共通する概念や理論、看護技術を学び、看護の根幹をなす基礎的な学問です。

専門分野 II

対象の発達段階や特性をとらえた看護学として「成人看護学」「老年看護学」「母性看護学」「小児看護学」とすべての人の心の健康問題と「精神看護学」を学びます。

統合分野

基礎分野から専門分野Ⅱで学習した知識と技術を統合させた看護実践を学びます。在宅看護論では、自宅で療養されている看護を学び、実践看護では医療安全や災害看護、国際看護など専門職業人としての学びを深めます。

教育課程表

教育内容 授業科目 単位
基礎分野 科学的思考の基盤 生物学 1
情報科学 1
倫理学 1
教育学 1
論理学 1
人間と生活社会の理解 行動科学 1
生活科学 1
人間と社会 1
健康と運動学 2
英語 I 2
英語 II 2
英語 III 2
小計 16
専門基礎分野 人体の構造と機能 人体の構造と機能 I 1
人体の構造と機能 II 1
人体の構造と機能 III 1
生化学 1
栄養学 1
疾病の成り立ちと回復の促進 薬理学 1
微生物学 1
放射線医学 1
病態学総論 1
病態学各論 I 1
病態学各論 II 1
病態学各論 III 1
病態学各論 IV 1
病態学各論 V 1
病態学各論 VI 1
健康支援と社会保障制度 社会福祉論 2
公衆衛生学 2
看護と法学 2
小計 21
 
教育内容 授業科目 単位
専門分野 I 基礎看護学 基礎看護学概論 2
基礎看護学 I 1
基礎看護学 II 1
基礎看護学 III 1
基礎看護学 IV 1
基礎看護学 V 1
基礎看護学 VI 1
基礎看護学 VII 1
基礎看護学 VIII 1
看護研究 1
小計 11
専門分野 II 成人看護学 成人看護学概論 1
成人看護学方法論 I 1
成人看護学方法論 II 1
成人看護学方法論 III 1
成人看護学方法論 IV 1
成人看護学方法論 V 1
老年看護学 老年看護学概論 1
老年看護学方法論 I 1
老年看護学方法論 II 1
老年看護学方法論 III 1
小児看護学 小児看護学概論 1
小児看護学方法論 I 1
小児看護学方法論 II 1
小児看護学方法論 III 1
母性看護学 母性看護学概論 1
母性看護学方法論 I 1
母性看護学方法論 II 1
母性看護学方法論 III 1
精神看護学 精神看護学概論 1
精神看護学方法論 I 1
精神看護学方法論 II 1
精神看護学方法論 III 1
小計 22
統合分野 在宅看護論 在宅看護概論 1
在宅看護方法論 I 1
在宅看護方法論 II 1
在宅看護方法論 III 1
看護の統合と実践 実践看護学特論 1
実践看護学方法論 I 1
実践看護学方法論 II 1
実践看護学方法論 III 1
実践看護学方法論 IV 1
小計 9
専門 I 臨地実習 基礎看護学実習 I 1
基礎看護学実習 II 2
専門分野 II 成人看護学実習 I 2
成人看護学実習 II 2
成人看護学実習 III 2
老年看護学実習 I 2
老年看護学実習 II 2
小児看護学実習 2
母性看護学実習 2
精神看護学実習 2
統合分野 在宅看護論実習 2
看護統合実習 2
  小計 23
  総計 102

教員紹介

職位 氏名 担当分野
学校長 田北武彦 病態学
副学校長 中山久子 成人看護学
副学校長補佐 石川寛子 小児・基礎看護学
教務主任 西崎久子 老年看護学
実習調整者 三村郁子 基礎看護学
専任教員 北出千春 母性看護学
専任教員 西村和子 在宅看護論
専任教員 梶谷薫 看護の統合と実践
成人看護学
専任教員 中川しのぶ 成人看護学
専任教員 中前みのり 精神看護学
平成28年度 田北看護専門学校の学校評価

学校評価

「学校評価」への取り組み

田北看護専門学校は、より質の高い看護教育を目指して平成17年度から学校活動全般について改善を行うための「学校評価」を取り入れています。学校評価は「学校運営評価」と「授業評価」と「学生満足度調査」の3種類で構成しています。

平成14年 専修学校において自己点検・自己評価を行うことが努力義務化されました。
平成16年 厚生労働省から「看護教育自己評価指針」が示されました。
平成16年〜 学校評価に関する学習会を教員全員参加で立ち上げました。
平成17年度~ 学校運営評価を開始しました。
平成19年度~ 授業評価を開始しました。(専任教員のみ)
平成23年度~ 学生に対する学校満足度調査を開始し、結果の公開を始めました。
平成25年度~ 非常勤講師に対する授業評価を開始しました。
「看護教員の質向上について」の学習会を開始しました。
平成27年度~ 「看護実践能力の育成」の学習会を立ち上げました。
講師を招き、「臨床との学習会」を始めました。
平成28年度~ 臨地実習評価に「パフォーマンス評価・ルーブリック評価」を導入しました。
新カリキュラムに向けた検討委員会を立ち上げました。
田北会のTQM活動に参加し、地域交流も行いました。

1.「学校運営評価」の概要

本校の教育目的である「社会に貢献できる看護師の育成」のためには、学校がより機能的に運営され、教育の質が維持・向上しなければなりません。その過程で本校独自の「学校運営評価」の指針を作成しました。包括的な視点で「教育理念・教育目的」「教育目標」「教育課程経営」「教授・学習・評価過程」や「経営・管理過程」「入学」「卒業・就業・進学」「地域社会・国際交流」等の大項目を設定し、全34項目を評価しています。評価は年1回、全教員により行います。

<評価後の対応と課題>

【教育課程経営】の「教育課程評価の体系」のポイントが2.7と前年度比-0.2となっています。本校は平成28年から順次パフォーマンス・ルーブリック評価を取り入れているが、全ての科目までには至らず、一部分のみに留まっています。特に臨地実習評価表は改善途中のためにポイントが低くなっていると考えます。
「学生の看護実践体験の保障」は3.0の評価です。実習環境を整えるために、本年度も臨床との学習会を計画しています。実習施設が前年度から増加しているので、各施設と連携し協働していきます。
「学生便覧やてびきが活用され、学習支援体制が整っている」のポイントが+0.3となった。危機管理マニュアルを分かりやすく掲載したことも活用できた一因だと考えます。

【経営・管理過程】の「教職員が学校経営に参加しているか」や「自己点検・自己評価」はポイントが低い傾向が続いています。学校経営の一員だという教員意識をさらに高め、学校改善に向けて日々努力していきます。

【地域社会・国際交流】では、毎年ポイントが低い傾向です。2年前から病院周辺の掃除を行っていますが、地域との連携や情報発信を今後も推し進めます。学生が地域社会を意識することは、「生活をみる看護師」になくてはならない視点であるため、交流機会を増やしたいと考えています。

2.「授業評価」の概要

看護教育の充実には、教育内容の精選と教育方法の改善が不可欠です。そのため、「授業評価」として、「コミュニケーション能力」「動機づけ能力」「レディネスのアセスメント能力」「柔軟な対応能力」「学生のやる気」「教材」「環境」「デザイン」に関する20項目を評価しています。

<評価後の対応と課題>

 新しく来て頂いた非常勤講師へは、学校からの要望や国家試験の傾向を伝え、学生のレディネスに合わせた授業を依頼しています。
近年、学生の質の変化を感じることが多くなっていますが、講師と学生情報を共有しながらより良い教育ができるよう努力していきます。

3. 満足度調査の概要

教育課程の改善や学生生活を充実・向上させることを目的とし、年1回年度末に全学生を対象として調査を実施しています。

平成29年度 学校満足度調査結果 (全学年113名に配布 113名回収。有効回答数は113名)

<評価後の対応と課題>

ポイントの低い項目は【教育課程経営】の外部講師に対する2項目と授業全体に対する1項目が2.8でした。授業評価でも記したと同様、外部講師と連携を密にしながら情報共有をしていきたいと考えます。

今回ポイントの低いのは「学生への公平さ」の項目でした。本校は教員の倫理指針を作成し、学生と関わる際の心構えとしていますが、少しずつ意識が低くなっているかもしれません。学生を尊重しよい関係を形成することが教育成果につながることを再認識していきたいと考えています。

ポイントの3.4以上の項目の中では「この学校で学べて良かった」があげられ、年度末に一定の評価は得られていると考え、いっそう努力したいと考えます。

4. そう思う 3. やや思う 2. あまり思わない 1. 全く思わない

調査項目 内容 評価
教育理念・教育目的 学校の理念を知っている 3.2
教育目標 教育目標を知っている 3.0
教育課程経営 教育課程編成科目・単元構成 段階的に学びやすいカリキュラムになっている 3.1
学校行事に満足している 3.1
教育課程評価の体系 時代に合った教育内容である 3.3
学年目標を意識して教育を受けている 3.0
各授業の単位認定の判定は納得できる 3.4
教員の教育・研究活動 専門性のある授業内容である 3.4
教員はよく勉強し学生に伝えている 3.4
わかりやすく教えるために日々努力している教員が多い 3.3
学生の看護実践体験の保障 臨地実習施設は、実習目標・学習内容に見合った施設である 3.3
実習施設は学習しやすい環境に整っている 3.2
実習施設には更衣室やカンファレンス室等の設備や備品が整っている 3.1
実習施設は指導体制を整えている 3.1
教員と実習場所の看護師(指導者)の連携が取れている 3.0
教員の実習指導に満足している  3.3
看護師(指導者)の実習指導に満足している 3.0
教授・学習・評価過程 授業の展開過程 教え方に工夫をしている外部講師が多い 2.8
教え方に工夫をしている教員が多い 3.2
学生の意見を聞き、授業を改善している外部講師が多い 2.8
学生の意見を聞き、授業を改善している教員が多い 3.1
授業がわかりやすい 3.0
目標達成の評価とフィードバック 評価の仕方や基準について、事前に示されている 3.3
学習の評価については納得できる 3.3
学習への動機付けと支援 学生便覧や学習の手引きは学習の参考になる 3.2
学生への支援 教職員は学生を認めている 3.2
教職員はどの学生に対しても公平である 2.9
教職員は学生のプライバシーの保護に努めている 3.3
教職員は学生の人権侵害やそれに伴う学習阻害にかかわる問題が発生したときは、適切な対応をしている 3.2
経営・管理過程 施設・設備管理 教室・実習室・更衣室等は、授業や生活がしやすいように整備されている 3.3
図書室は活用しやすく整備されている 3.4
情報処理室は活用しやすく整備されている 3.4
教材管理 各教科の備品や教材教具が活用されている 3.3
実習室の物品等がそろっている 3.2
学生支援 学校は、奨学金制度についての情報を知らせている 3.3
緊急時の対応について知らされている 3.2
健康管理 健康管理に対する体制が整っている 3.2
情報公開 教育活動に必要な情報について学生や保護者への周知に努めている 3.2
卒業・就業・進学 学校は就職や進学についての情報を知らせている 3.2
将来の進路や生き方について考える機会を与えている 3.2
国家試験に関する情報を知らせている 3.3
国家試験対策が計画的に実施されている 3.2
地域社会・国際交流 保護者や地域の人々や他校と交流する機会を与えている 3.0
その他 この学校で学べて良かったと思う 3.4

Page Top